コンセプト

「自分が嫌な事はお客さんにしたくない」その思いから、始まりました

フレールは幅広い年齢の方が気軽にこられる街の理容室です
しかし、志は常に高く持ちたいと考えています

お客様が当店を選んでくれたお気持ちに対し、精一杯お応えします
よろしくおねがいします

髪質・骨格に合わせた施術

髪質・骨格に合わせた施術

当店ではまず髪を切る前にお客様の頭の形や髪質と向き合います。
その為に必要なのが髪本来の状態に戻す「シャンプー」。

整髪料や寝癖が付いていれば間違った情報のまま髪を切ることになってしまいます。またシャンプーをしながら頭の形を把握します。当たり前のことと思われるかもしれませんが、基本だからこそ、丁寧に取り組みます。それが髪に対する礼儀だと思うからです。

そして、お客様のご希望をお伺いした上で、
ご年齢・季節・髪質によりちょっとしたテクニックをプラスします。
歳を重ねた方には髪にボリューム感を持たせるテクニックを、
髪の毛が多い方には髪の根元を梳いて動きと軽さを与えるなど・・・

本来髪の根元にすきバサミを入れるのは邪道でした。しかし、お客様の髪質・骨格によっては”根梳き”を利用した技法によって、より希望に添ったスタイルに仕上げられるのです。

髪・髪形にお悩みの方、あなたに合わせた技法を使い、施術後もセットしやすいスタイルをご提案させて頂きます。是非ご相談下さい。

髪と肌をいたわる

髪と肌をいたわる

髪を切るのと同じぐらい大切なのが、髪と肌へのいたわり。
健康な髪と頭皮が無ければ、どんなに良いカット技術があっても、理想の髪形に近づける事は出来ません。

当店では、用途によってシャンプーを使い分けています。
通常の方でしたら入店されて初回のシャンプーは汚れを取りやすいスカルプDを、カット後のシャンプーは洗浄力を弱めた米ぬかシャンプーをチョイスしています。

※常に洗浄力の強いシャンプーを使うと地肌の油を不必要に取ってしまい、逆に油の分泌量が多くなり頭が痒くなる原因にもなります。

こだわりの道具

ハサミは理容師・美容師向けハサミの最高峰、ナルトシザーを利用

プロ用のハサミは私も数多く試してきましたが、最後に行き着いたのが、名門ナルトシザー社の鋏。鋏なのに、回転部分にボールベアリングが入っており、長時間使っていても手に負担がかからないのが特徴です。

「長時間使っても疲れない」ということは「いつでもお客様に最高のクオリティを提供する」ということでもあります。開店直後のお客様でも、仕事帰りに訪れたお客様でも、同じクオリティでおもてなしいたします。

最高の切れ味を支える研ぎ職人

良いハサミでも、毎日使っているとやはり切れ味が悪くなってきます。
当店では4ヶ月から半年を目安に、メーカーの研ぎ職人の手により磨いてもらっています。鋏を研ぐ職人さんによって微妙に仕上がりが違うんです。

この微妙な仕上がりの違いが、毎日ハサミと接している者からすると、かなり問題となります。お客様の髪の事を第一に考えるべきなのに、ハサミの使い勝手に気が取られては元も子もありません。

この「研ぎ問題」に長年悩まされてきましたが、今では、わたし好みの仕上がりを任せられる職人さんに出会え、いつでもベストコンディションでお客様と接する事が出きるようになりました。

コーム(くし)も、べっ甲製の限定品を利用

肌触り・櫛通りが格段に良いべっ甲製のコームを使用しています。素材としての固さと、肌に触れた時の柔らかさが共存した一級品です。

素材はもちろんの事、繊細な「くし」としての加工は、べっ甲職人の手による工芸品とも言える品。日々の業務で細かなキズも付き見た目は地味になってきましたが、わたしにとっては無くてはならない仕事道具です。

プライベート空間

プライベート空間

スタッフはオーナー1人、他のお客様やスタッフの目を気にせずに、髪に対する悩みやご希望をお話し下さい。

店舗はできるだけ快適に寛いで頂く為、人体に影響の無い消毒剤「A2Care」による除菌を実施、業務用空気清浄機よるウィルス・花粉等の除去も行なっております。

また、お客様からご好評頂いているのが、ホテル並みに厚いふんわタオル。
液体石けんとガス乾燥機による滅菌処理で常にクリーンなタオルを、お一人様あたり9枚利用しています。

アトピーの方も安心

アトピーの方も安心

オーナーの私が以前アトピーだった事もあり、化学物質については人一倍気にかけています。

シャンプー

ご希望の方へ無添加シャンプーによる施術を行なっております。お支払いの金額が変わるわけでは無いので、以前に肌のトラブルをかかえた経験がある方は、お気軽にご相談下さい。

シェービング

弱酸性のヒゲ軟化剤とシェービングジェルを使用しています。シェービング後の肌の痒みが気になる方、是非お試し下さい。